■■――――――――――――――――――――――――――■■■
アントレ・ラボ メールマガジン 
( 第50号 ) 2017年2月6日(月)

本メールマガジンは第1・第3月曜日の配信しております。
■■■―――――――――――――――――――――――――――■■■

< 内容目次 >

1.エッセイ

◆「真価を問う」

仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)

2.定期連載

◆人脈(10)「Know mine」

広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)

 

1.エッセイ
◆「真価を問う」
仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)


今年のテーマが、「シンカ」ということで、今回のテーマは「真価」にさせて頂きました。
漢字のとおり、人物や物事の本質を表わす時に使われる言葉であるように思います。


真価を問うとは、大事な場面でその人なりの実力をはかられる時などによくつかわれる事です。どんなに口では良いことを言っていても、行っていることと、行動が一致してこそ、初めて周りからの信頼を勝ち得る事ができるのだと思います。

 弊社もおかげさまで3年目をおえ、現在4期目の四半期をおえたばかりです。今年は前期以上に早いペースで売り上げをあげております。4期に入り、事業の1つである企業研修においても、弊社の行っているサービスが受け入れられるのか、それを図る意味でも真を問われているように思います。

 自分の会社の価値はどこにあるのか。あらためて考える機会ととらえて、価値を出していくための取り組みを1つ1つしてゆくことができればと思います。

2.定期連載
◆人脈(10)「Know mine」
広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)


「人脈」について自分の体験を振り返り、思い付くままに項目を掲げてこの文章を書いてきた。これが自分のノウハウと言えるものかも知れない。ノウハウは本に以外には持てないその人独自のものだと思う。このノウハウによって多くの人脈が出来上がったのだろう。

夫々の人達には夫々のノウハウがあるだろうし、他人のノウハウは参考にはなっても同じ体験をしていないのだから同じことはできないし、不可能なことだからノウハウと言うのだろう。

 ここに書きしるした文章はノウハウならぬ自分自身のもの「Know mine」(造語)だと思って大切にしていきたい。(このシリーズ終わり)

3.セミナーイベント案内

◆今後の勉強会・セミナーのご案内 

1)2月16日(木)19:00~21:00 商標権活用セミナー

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2017/2/9

2)3月2日(木)19:00~21:00 ビジネスマナーカードの活用法体験セミナー

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2017/3/2

3)3月23日(木)19:00~21:00中小企業のためのブランド力アップセミナー

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2017/3/23

4)3月24日(金)9:00~18:00 クロージングが楽しくなる!超実践型プレゼン講座

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2017/1/25


4. 次回予告
次回第51号は2017年2月20日月曜日に発行予定です。

5. 編集後記

 そろそろ花粉症の時期です。昨日耳鼻科に薬をもらいに出かけたところ、今年の花粉の初飛散日は2月1日だったそうです。昨年の段階では昨年よりも今年は少ないとの予想でしたが、最近では昨年よりも多くなる予報もあります。個人的には花粉症になって30年の経験を持つベテランというか、パイオニアとしては例年よりも飛散が早い年は量が多くなるという経験があり、昨年よりも厳しい状況になることを覚悟しています。リスクも、そのリスクが与える影響が読めないから怖いのであって予想ができれば対策もでき、リスクの実態以上に怖がることもなくなると思います。早めに対策をされることをおススメします。


                               仲津 定宏



メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック