■■――――――――――――――――――――――――――■■■
アントレ・ラボ メールマガジン 
( 第37号 ) 2016年7月4日(月)

本メールマガジンは第1・第3月曜日の配信しております。
■■■―――――――――――――――――――――――――――■■■

< 内容目次 >

1.エッセイ
◆「バランス感覚」
仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)

2.定期連載
◆「人脈」
(第1回)小さな研究会が自己増殖
広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)

 

1.エッセイ

◆「バランス感覚」

仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)

 最近経営者にはバランス感覚が必要なのだと思う事がある。具体的には、大胆な行動力と繊細な心得、世の中の流れを掴む感度や先見性と、時代に流されない本質をつかむ力など時として反対というか、矛盾したような感覚を覚えるような力である。

 2つの違う能力を同時に自分の中で持つことはなかなか難しいため、その場合は会社における重要なパートナー、具体的には副社長や役員のポジションを与え、それを補う人と共に二人三脚で経営をこなしていくことになる。

 昭和の名経営者には必ずそのようなパートナーがついており、有名なところでいくとソニーの井深さんと盛田さん、ホンダの本田さんと鈴木さん、松下電器の松下さんと高橋さんというコンビが有名です。平成に入ってからはコンビというよりも一人で二役をこなしているのか、カリスマ経営者が一人あらわれ、その役割を担っているようにも思います。

 それではなぜ2つの矛盾した力が必要なのか。それは物事には必ず2つの側面があるからだと思っています。1つの面ばかり見ていると見方に偏りが生じてしいがちである。だからこそ、常に2つの側面でみることで物事のバランスを保つことができるのだと思います。

あまり過度に反応し過ぎず、常にバランスを保ちながらビジネスを進めていくと、あることを進めながら一方で別の事業を推進したり、一部の取引先やパーナトー、クライアントにばかり依存しすぎないように新規開拓や別のクライアントの掘り起しにも力を注ぐことができる。

このバランス感覚こそが、経営者にとって大切なスキルであり、それは社員やパートナー、クライアント、事業を進めていく上でも必要なのである。

2.定期連載

◆「人脈」

(第1回)小さな研究会が自己増殖

広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)

 「人間は誰でも一人では生きてはいけない」ということは万人が認めるところであり、本稿でも最初のテーマとして取り上げてきた。つまるところ人間はみんな人脈によって生き、生かされているのだ。本シリーズではその人脈についてもう少し掘り下げて考えてみたい。但し本稿は筆者の随筆なので読む人の感性によって解釈の仕方もいろいろとあるだろうが、それも当然のことと思っている。

国立の工学系研究所という体制組織から脱し、独立し自由の身になったのが今から36年前の1979年11月のことだったが、その2ヶ月後の1980年1月に数人の同好の志と共に相互研修と親睦を目的に研究会をスタートさせた。その後この研究会から数々の勉強会、講習会、検討会、講演会などが誕生し、人脈は全国規模に拡大していった。

これが人脈創りの元になっていったのだろう。

北は北海道から南は沖縄諸島まで拡大していった。どの会合も参加メンバーの意向は同じ方向に揃っていた判断してきた。参加資格などは設定しなかったが出来上がった人脈は個人、零細事業、大企業の経営者、役員、官公庁の役人等々、多彩を極めた。マスコミからミニコミまで報道による効果も大きかったと思われる。

参加目的は夫々の人達の立場によって異なるだろうが、「情報を求めること」にあったと解釈してきた。自分の人生教訓のためと思われる人は殆どいなかったのだろう。

新聞社や放送局などのマスコミは報道のネタに、サラリーマンは会社のために,懇親のために…。アンケート調査を行ったことは一度もなかったが、そこまで気付かなかったのも事実だったが、今から思えば雰囲気や夫々の会話から「情報を集めること」が目的と感じとっていたのだろう。

小さな研究会が自己増殖していったとしか思えない。

3.セミナーイベント案内

1)7月4日(月)15:30~17:00 ダイバーシティセミナー

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2016/7/4

2)7月21日(木)19:00~21:00 商標権リスクマネジメントセミナー

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2016/7/21

3)7月22日(金)15:00~17:00 ビジネスマンに使える「空気を読む力」セミナー

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2016/7/22

4)7月26日(火)18:00~21:00 後藤式営業強化プログラム

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/7/26/8000

5)7月28日(木)19:00~21:00 ビジネスに使えるウソ(人間心理)の見抜き方講座

詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2016/7/28


4. 次回予告
次回第38号は2016年7月18日月曜日に発行予定です。

5. 編集後記

梅雨の中休みで連日暑いが続いており、今年の夏は猛暑になる予想がされています。日本の経済を考えると気候に合わせて夏は暑く、冬が寒いほうがその時期に合わせた洋服や商品が売れるため企業にとっては良いよう思います。ただそれも行き過ぎるとかえって反対の効果をもたらすことがある。何事も行き過ぎず、ほどほどが良いのかもしれません。

仲津 定宏



メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック